気象病とは?

気象病とは?

梅雨が始まると、急な気圧や気温の変化によって、体調を崩す人がいます。

症状は頭痛・めまい・倦怠感・関節痛など様々で、気象病・天気痛などと呼ばれ、近年、認知広がっていると思います。

天気予報などでも報道されてますね。

気象病は天候の変化によって引き起こされます。

気圧・温度・湿度が耳の奥にある内耳や自立神経に作用することで体調不良を引き起こします。

予防するためには

1自律神経のバランスを整える

 生活リズムを整える。朝食をきちんと摂る、適度な運動、十分睡眠をとる。

 朝は熱めのシャワーを浴び、夜はゆっくりぬるめの湯船につかる。

2耳周りの血流を良くする。

 血流が悪いと内耳のリンパ液も一緒に滞りめまいや頭痛などの症状を改善することができます。

 耳周辺のマッサージをしてみてください。