スマイルケア整骨院


石井苗子さんと対談

独自に研究開発した整体療法、日々の進化でより良い施術を提供!
~患者様幸運を呼ぶ整骨院~

より多くの患者様に喜んでいただきたい

石井 : 本日は、愛和整骨院グループさんにおじゃましています。
早速ですが、こちらの特長を教えていただけますか。

岩井: 無痛骨盤矯正・気功整体術・理学整体・心理療法・その他を取り入れ、独自に研究開発した総合療法で心身ヘアプローチし、根本的な回復を目指します。

石井 : 「身体」はわかりますが、「心」もですか。

岩井: はい、そうです。患者の皆さんは、日常生活での蓄積もそうですが、仕事やスポーツ、ケガや交通事故など、さまざまな原因で来院されます。
そうした方の主訴を見極め、忠者さまの立場に立ったインフォームドコンセントを実践し、安心して施術を受けられる環境を提供しております。

石井 : じっくり苦しみを聞いてもらえ、どのような治療を施されるのかを教えてもらうのは、患者の立場からしますと安心ですね。

岩井: 私が一番大事にしている点は、物理的な肉体もさることながら、精神的な面です。
たとえば、人間は、昔の古傷や痛みを脳が記憶していることがあります。
この場合、その脳の記憶を消してあげなければ根本回復しません。

石井 : とても深いですし、大切な治療方法だと思います。

岩井: そのために「言葉」というものも非常に大切にしています。
言葉には非常に強いエネルギーが込められていますので、意識的に「元気になる」言葉を使うように指導しています。

石井 : たとえばどのようなものですか。

岩井: 患者さまはマイナスの状態で来院されます。
ですから「大丈夫」「うれしい」「ツイてる」など、プラスに向かえる..に気を多用するのです。
また嫌な状態を断ち切るための、一番良い言葉は「ありがとう」という言葉といわれています。
「ありがとう」という感謝の言葉を言い続けることによって、脳にプラスのエネルギーが作用し、痛みを緩和し、健康な状態に近づけていくのです。
スタッフにも「患者さまの痛みが消えました。感謝します」
というように心の中で唱えながら施術するように指導しています。

石井 : ポジティブシンキングですね。

岩井: そうです。先日こんなエピソードがありました。
ある重要書類が紛失してしまって、どこを探しても見つからなかったのです。
ところが落ち着いて「書類が見つかりました。感謝します」と何度か繰り返し唱えたところ、その最中に驚いたことに、発見の連絡が入ったのです。
たとえば「ケガをした。困った!」ではなくて、ケガをした。体を休められる。
「ありがとう」と考えるようにしてくださいと、私が患者さまにはお伝えしています。
聞いて気持ちの良い言葉には人々を幸せに導く力があるようです。

石井 : 自分自身で治していこうという気持ちに訴えるのですね。
医学界におきましても、30年前では誰も見向きもしなかった「ガン治療における笑いの効果」が、現在では認知され、多くの研究結果が得られています。
言葉による肉体の苦痛の解放も今後期待できます。

岩井: 私どもは、患者さま自身が治そうとするきっかけ作り、お手伝いをしていると考えています。
また「ありがとう」でしたら、小さなお子さまでも理解できますからね。

石井 : 先生ご自身はパワーを患者さまに注入して、疲れませんか。

岩井: まったく疲れを感じません。
いかに患者さまの苦痛を取り除いてあげられるかに集中していますので、結果「患者さまが笑顔になる」、「喜びの声をかけてくれる」のが私どもの喜びになります。

やればやるだけ元気になるのです。

石井 : 素晴らしいですね。今後の展望を教えてください。

岩井: 治療家の立場でいかに周りの人々に卓せになっていただけるかを常にぢえています。
たとえば、身体の使い方の癖も身体のバランスに大きな影響をりえますが、今最も注目しているのはたとえば言葉の使い方、口癖も体の癖以上に大きな影響を持つことです。
「脳は本人がしやべる言葉通りの現実を作り出す」「言葉を変えると自分や・周りの運命か変わる」など幸も不幸も健康も病気もすべてに言葉(口癖)が大きな影響を持つということを患者さまに知っていただくことも、我々の使命のひとつであると考えております。


グループ各院の情報はこちら